2007年10月12日

内藤×大毅戦の感想など

3ヶ月のご無沙汰ですか。おはようございます、たっちーです。

昨日は仕事を終ったあと、さっさと風呂に入ってボクシング中継観戦モードに突入。
2つのチャットでだべりつつ、試合開始を待ちました。

序盤を見ていた感想は、
「内藤固くなってるな。大毅は思っていたよりはがんばってるじゃないか。まあ、勝敗はすでに見えてるけど(笑)」
試合前には、大毅が突撃して最初の大振りフックに内藤がカウンター合わせてダウンってのを予想(期待ともいう)してたんですが。手も出さずにガード固めてのそのそ前に出るだけ、とはさすがに予想外。いや、ちょっと考えれば予想できたことなんですが、「実力で明らかに劣る若い挑戦者」が積極的にいくことを期待してたんでしょうね。まあ、亀田は所詮亀田でしたが。

中盤以降、大毅のラフファイトが目立ち始め、同時に解説の亀田擁護ぶりにイラついてきました。
ポイント差以上に実力差はあるのはわかりそうなものなのに「それほど差は無い」とか言っちゃってるし。「流血による大毅のTKO勝ち」を期待する実況と解説にお前ら何考えてるんだ、と。あれで、公正な放送をするとか事前に言ってたのには嗤っちゃいますね。

終盤は結果がほぼ見えてきたので、「亀田は若いから次がある」とか1年ほど前に見た兄貴の試合でのコメントを再現してるのには笑いました。しかし、クリンチで内藤を非難してましたが、後半のアレは大毅側から抱きついて、さらに押し倒しに行ってたように見えるんですがねえ?

11ラウンド終了と同時にトイレに行ったのですが、戻ってみるとまたももつれ合って倒れてて、試合終了後に「大毅3ポイント減点」とか言ってて「???」あとで聞いたところでは故意に投げに行ったとかで。
直接見てたら頭にきてたでしょうが、あとから聞いただけだったのでそのときは「おいおい、プロレスかよ(失笑)」した程度。

まあ、結果は予想通り内藤の圧勝だったわけですが、すごすご逃げ出す亀田一家にかっこ悪いなあ、と。あのままボクシング界から消えて欲しかったですね、ほんと。

で、そのあとスポーツ新聞のサイトを回ってると、亀田批判が出てくるは出てくるは。さすがにあそこまで反則連発だと味方もできないんでしょうね。1紙だけ結果を伝えるだけで反則についてまったく触れてなかったのには笑いましたが(笑)


最後になりましたが、勝った内藤にはおめでとう!と言いたい。次の試合も期待してます。
・・・亀田一家はもういいよ。早く消えてくれ。
posted by たっちー at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。