2005年05月12日

「アペリティフとアフターディナー・ドリンクがなければ真のディナーとは言えないな」

「世間の常識ではないね。もっとも、私はその意見に賛成するけど」

おはようございます、たっちーです。
寝不足が続いてます。12時に帰ってきてそれから風呂に入ってればねえ。今晩は早く寝れそうですけど。

さて、タイトルに出てきたアペリティフとアフターディナー・ドリンク。一般には、アペリティフはドライなもの、アフターディナーにはスイートなものがよく飲まれます。
ビールやワインでもいいんですが、ここはカクテルの話をするBLOG。当然、紹介するのはカクテルです。まずは、カンパリ・ソーダ。イタリアの代表的なリキュール、カンパリをソーダで割っただけというシンプルなカクテルです。もっとも、このリキュールは甘味以上に苦味も強いので、好みが分かれるかもしれません。
おシャレにいきたいなら、キールかミモザでしょうか。キールの名前はイタリアのとある町の市長だったキール氏の名前からきてるとか。このおっさん(失礼)、市長であり牧師であり、後には国会議員もやったとか。さらにドイツ相手のレジスタンスもやっていたというからそうとうパワフルな人だったんでしょう。
ミモザは以前に紹介した・・・はずですね。

【キール】

白ワイン        4/5
クレーム・ド・カシス  1/5

グラスに冷やした材料を入れ、軽くステアする。

白ワインは辛口のほうが良いようです。クレーム・ド・カシスは名前の通りカシスのリキュール。かなり人気のあるリキュールです。

ルジェ クレーム ド カシス 700ml ルジェ・カシス
posted by たっちー at 10:07| Comment(0) | TrackBack(2) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「アフター」でブログ検索してみました。
Excerpt: 「 アフター 」の検索結果で、「一人でお酒を飲みながら .. 」さんを紹介させていただきました。つながり系サイトです。
Weblog: 日刊カタログ
Tracked: 2005-05-14 13:54


Excerpt: カンパリカンパリ(Campari)は酒の一種。リキュールに分類される。色は赤く、苦みがあって甘い。イタリアのトリノでバーテンダーをしていたガスパーレ・カンパリ氏(Gaspare Campari)が開発..
Weblog: ソムリエがごとくワインを愉しむ
Tracked: 2007-10-02 09:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。